主婦がキャッシングする場合の利息

金融機関でカードローンなどを代表とするキャッシング契約をする場合、金利については幅を持たせた表示がなされているケースが少なくありません。例えば5%~15%などのような表現は一般的なものであり、契約者の状況によって変動するものであるということが分かります。どのような場合でも基本的には同じであると言えますが、一般的に返済能力が十分にあって信用できる借り手に対しては低い金利が適用されるケースが多く、逆に収入が低いなど信用が低い場合には高めの金利が設定されるなど一定の仕組みが存在しています。もしも主婦がキャッシング契約を希望するのであれば、その金利は一般に非常に高い水準になるでしょう。
一般的に返済能力の有無は年収によって行われます。年収が高ければそのまま返済能力が高いという評価につながり利用限度額も高くなり金利手数料が下がることにより支払う利息も安くなる傾向があります。しかし逆に年収が低い場合には返済能力が低いと判断せざるを得ないため、高い金利が設定される仕組みになっているのです。主婦の場合には専業主婦であれば収入がないのが一般的ですので、契約ができる場合には配偶者の収入などを条件にする場合が多いです。しかしそれでも自分自身の収入ではありませんので借り物の信用です。決して良い条件での契約の締結にはつながりません。モビットなどキャッシングサービスがそのような仕組みになっていることについては十分に理解しておく必要があります。